2017年06月19日

美女と野獣の未公開シーン

美女と野獣の実写映画の未公開シーンを見ました。以下まだ燭台燭台言ってます。

最後の城サイドと村人たちの戦闘カットされまくってて泣いたwwあかんやろそこカットしたら!
殊にね、ルミエールがコグスワースの奥さんに捕まって頭から灰に突っ込まれて火消されるところとそれを助けに行くコグスワースのシーンは一番カットしてはいけなかったシーンでしたよちょっと!このシーンあればアニメほどではなくてもコグスワースとルミエールコンビフラグ立つのにいいいい!!奥さんに捕まったルミエールは何故それまで自由に動きまくっていたのにガチ燭台に身を固めてしまうのかwwダンゴムシに触ると丸まっちゃうあれか。つい燭台になっちゃった感じかwwwwしかも灰に突っ込まれるときルミエールの抵抗の喘ぎがエロすぎて死んだ。ぐううう、燭台エロいいいい←。映画だとコグスワースは上からほぼ見てた感じしましたが、ちゃんとルミエール助けに降りてきてたのは滅茶苦茶嬉しかったです。これでアニメ映画みたいにルミエールがコグスワースにお礼のキスしたりしても良かったんですよ!?もうね、そんなん放映したらロシアとかさらに放映禁止ですよwwル・フウどころじゃないよ要素がww

あと映画でくそイケメンポジションだったにも関わらず台詞皆無だったコートラックのシャポーさんが人間に戻って声出してるのに「うええええ!??」ってなった。さらにコンロシェフさんとかトイレに変えられてた召使さんとかね、初顔出しにも関わらずまるごとカットは哀れで仕方ないwwルミエールとシャポーさんとか、ルミエールとシェフさんの会話のやり取り好きなので未公開シーンほんまお宝カットでした。
posted by 常盤一 at 23:30| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

美女と野獣の方々

美女と野獣の映画6回目見てきたったあぁあ!!!ホントあかん、素敵な映画です。何度見ても泣く。実写も吹替えもどっちも好きです。耐えられないので時計と燭台その他について萌えを吹き出します。
コグスワースとルミエールと、ガストンとル・フウが死ぬほど好きです。
城サイドの召使たちもかっこよすぎて死ぬ。なんならほんと台詞ないシャポーさんまでかっこよすぎて泣く。もちろんアダム王子とベルの話もほんと素敵なんですが、城サイドの召使たちの話読みたい、同人誌欲しいとはまさにこんな気持ちです。

吹替え版のルミエールの可愛い紳士給仕長っぷりと、真顔でコグスワースど突くところや最後動けなくなるときの「いいんだよコグスワース」「俺の方こそ光栄だよ」って言うときの低いイケボ具合のギャップが凄まじい。笑顔でふざけているときと真剣なときの至極まともなルミエールのギャップなんなの。燭台でも人間でも素敵すぎて辛い。さらにいうなら晩餐のときのルミエールの軽やかな動きと金物燭台のくせに服がヒラヒラしてるのとかカメラワークとか卑怯なぐらいかっこいい。燭台の足の美しさでhshsするようになりました、お母さん親不孝でごめんなさい。ルミエールのオタ芸打ってるみたいな躍りも可愛いよね。

ユアンルミエールさんの方が成河ルミエールさんより声がおじさんなので、字幕版だとコグルミのオッサンないいコンビ感がたまらん。ルミエール動けなくなるときの紳士礼→The honor was mine."→クルクル→動けなくなるってなんなの。かっこよすぎるよ何なの。この映画で一番辛いといっても過言ではないシーンだと思います。ここの映画館の鼻すすり率の高さよ。ルミエールの年齢が知りてえええぇ!

最後に呪いが解けるとき、コグスワースの片眼鏡に映っている燭台ルミエールのくるくる→人間ルミエールの演出ホント好き。ルミエールのコグスワースへの「モナミ☆」からのプリュメットへの「モナムール////」の移りの早さもなんか笑う。
ホントルミエールかっこいいよおおおぅ!!

あとはルーク・エヴァンズのガストンはイケメンで可愛すぎてもう見ていられないんだよなぁ。あんな笑顔がキュートな敵役がいてたまるか!ル・フウと結婚すればいいよ!なんでルークさんとル・フウのジョシュさんてあんな可愛いの。ねぇ、なんなの?

誰か、同人誌を!同人誌を!!

20170618.jpg

20170619.jpg


posted by 常盤一 at 20:22| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

史跡巡りしたい

体調も良くなったので、今日は久しぶりに外出て、隣駅まで自転車こいで、そのままジムで汗流して帰ってきました!久々の運動!長時間はできなかったけど体動かせて気持ち良かったです。体の凝りとかの不調良くしたいなぁ。
最近は昨年の大河ドラマ真田丸の大谷吉継と石田三成のこと四六時中妄想して悶えています。三谷さんのドラマ、新選組の時もだけど、脇役までキャラ立っててホント面白いですよね。どのキャラも立ってて好きな登場人物めちゃくちゃいるけど、片岡愛之助さんの大谷刑部マジでかっこよかったなぁ…大谷吉継もともと好きで人間としてかっこいいと思うけど、それだけじゃなくて萌えるんだよあのドラマの刑部殿は!萌え!
知ってる、吉継と三成は衆道説あるけどその可能性低いというのも知ってる!むしろ後世が逸話付け足してるんだろうなぁぐらいにしか考えないようにしてる!ただ!衆道だったかもねとか江戸時代に考えられてしまうその関係性に!私は!萌えを感じざるえない!!!!!
男色は武士の嗜みってホントすげぇよ。若衆制度素晴らしいよ。ただオッサン同士でも別にいいじゃry
posted by 常盤一 at 18:45| 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

自然一杯のみなかみを満喫

先日行った群馬県旅行楽しかったです!

魔の谷川岳と言われている谷川行ってきましたが、ロープウェイで天神平まで登っていきましたが、濃霧に濃霧で一面真っ白な世界でした。そして極寒ww雪が普通に残ってましたからねww霧と雲の違いは、中身はほぼ同じだけど雲が地上に降りてくると霧と聞いたことがあります。自分がその中にいれば霧。雲の中を歩いているってなんか素敵ですね。景色が見れなかったのは残念でしたが、なかなか見ることができない別世界でとても楽しかったです。天神平で寒さに震えながら食べたきのこ汁の美味しかったことよ…。
帰りはバスが来るまで谷川岳周辺を散策しましたが、登山遭難者の方々の供養碑や、遭難者の親族の方が書かれた登山の注意の碑などが沢山ありました。今回は山登りをしていませんが、山って美しいけど恐ろしいなぁとも実感。

水上温泉で一泊して、2日目は月夜野びーどろぱーくにいってきました。文化遺産やホテル、御用邸や大使館などの修復、照明を手掛けている上越クリスタル硝子株式会社の横に併設・運営されているガラスミュージアム・体験工房で、吹きガラス体験などができお土産にもできます。私はステンドグラスでキャンドル立て作りに挑戦。カットされたカラフルなガラス片の淵に銅テープを巻いていき、それを熱した鉛などの金属ではんだ付けをしていってくっつけるというもの。初めてだったのでなかなかはんだ跡が綺麗にできませんでしたが、それなりの形になりとても面白かったです。

平日のオフシーズンだったのもあると思いますが子供のいないこといないこと。びーどろぱーくは子供向けかと思いきや、ご年配の方までかなり真剣に皆さん無心で取り組まれていました。何も考えずにものを作るのって本当に楽しいですね!
本当は真田丸にあやかって沼田とか行きたかったですが、歴史もあって山や川の自然も豊富でとても素敵なところでした!バスの本数も異常に少なくて、新幹線が停まる駅前もお店が一切ないとかもありましたが(笑)、人も少なくて、自然の空気を肺一杯に吸い込みながら自然の中をのんびり歩いたり、そこで住んでいる人達の生活を垣間見れたのが旅の醍醐味でした。

あんまり今回は予定詰め込んでないんですが、帰ってきた翌日、極度の疲労感から発熱しまして、2日間寝込んでおりますwwww有給休暇中有意義に過ごさねばという使命感からか疲労が蓄積していたらしいww嫌というほど寝ましたwwほんと体力つけねば。最近ストレスフリーなはずなのに原因不明の蕁麻疹にも苦しめられているので体調整えないといかんと思ってます。
posted by 常盤一 at 13:39| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

六月大歌舞伎

先日は久々に歌舞伎座へ歌舞伎を観に行ってきました。六月大歌舞伎の夜の部です。
『鎌倉三代記』『御所五郎蔵』『一本刀土俵入』という詳しく知らない演目だったので予習して行ったけど、予習しないと全然分からなかったよww特に江戸以前の話の歌舞伎は何言ってるのか全然分からなかったです。日本語なのでニュアンスで何とかという感じでしたが、鳴物や拆、歌舞伎の舞台表現と空気でもドキドキするので楽しかったです。
あと役者さんですが、本当に衣装や雰囲気がきらびやかで絵を見ているようでした。片岡仁左衛門さんの美しいこと美しいことよ…なんなのだあの色気と粋さは…。
しょっちゅうは行けないですが、また時々歌舞伎行きたいですね。

今日から群馬県の水上に旅行行ってきます!いい感じに天気悪いぜー!晴れのいい景色も見たいけど、どんより曇った暗い山のかっこよさよ。雨も大好きなのでテンション上がっております。何故か群馬旅行と縁がある私。ただ高崎で電車のドアのボタン式や手動で開けるのに面食らってワンテンポ遅れておりますww楽しみやー。

posted by 常盤一 at 10:43| 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする